北見市の板金塗装・自動車板金・自動車修理・車検整備・バイク修理|春光ボデー

ttl-index-logo.png head01
head1head2
ttl-index-contact.png
ttl-bike-banner.jpg
ttl-index-img01.png ttl-index-img03.png
ttl-bike-title01.png ttl-bankin-line.png

一般的に、車種とコーティングの種類だけで料金が設定されているケースが多いボディコーティングですが、現実には一台一台お車の状態が異なります。

春光ボデーでは、独自のドクター的手法を用いてお車を診断すると共に、お客様の嗜好や御予算、保管場所や洗車環境、お車のボディカラーや使用状況などを考慮し、お客様にとって一番メリットのある施工方法をご提案しております。

また、コーティングは塗装表面の汚れや細かいキズなどを磨いてキレイにする工程と、コーティング剤を塗布する工程に分かれるため、当社では「ポリッシュのコース」と「コーティング剤の種類」を、それぞれ組み合わせで選択して頂けるよう設定しております。

*当社では、流通している様々なコーティング剤をテスト検証し、ベストと思われるもののみを使用しております。

■ポリッシュについて

艶重視(研磨2工程)~LP(ライトポリッシュ)~

新車から数か月のお車や高年式の車に向いています。
極微細な傷を除去し塗装本来の艶を取り戻します。
・深めに入った洗車傷やブラシ傷は残ります。

通常の錆面加工(研磨3工程)~MP(ミドルポリッシュ)~

塗装表面のミクロの凹凸を熱加工で滑らかに整え、新車以上の艶と光沢を与えます。
また、深めに入った傷も除去します。

MPの最強版(研磨4~6年工程)~HP(ヘビーポリッシュ)~

物理的に除去できる傷は全て除去します。経年車を徹底的に輝かせたいとお考えのお客様や、
愛車を隅々までキレイにしたいとお考えの方にオススメです。
・都度お見積り致します。

ttl-bike-img02.jpg

*いずれのコーティングも、コーティング・メンテナンスを承ります。
お車の保管状況や使用状況によってコーティング皮膜の痛み具合は様々です。
1年(1年耐久のコーティングは6ヶ月)ごとにコーティング皮膜上に付着した汚れを除去し、皮膜の補強をおこないます。

ttl-bike-img03.jpg

近年の自動車ヘッドライト面はクリア樹脂(ポリカーボネート等)が多く使用されていますが、 傷防止のために表面に塗られたハードコートが数年経つと白く濁ったり、黄ばんできます。これらの主な原因として、 ボディワックスの光沢剤や太陽の紫外線などが考えられます。この「黄ばみ」はそう簡単には取れません。

春光ボデーでは、特殊な技術でヘッドライトを傷つけることなく、 このしつこい「黄ばみ」を落とし、さらに「黄ばみ」を防止する強力な専用コーティングを施します。 また、劣化によって荒れてしまった表面を整え、新車時の透明感を取り戻します。

*専用の樹脂レンズ専用ハードコート剤で、再劣化を防ぎます。
*レンズ内側の汚れは除去できません。

ttl-bike-img004.jpg

アルミホイールは、常時高温状態でピッチ・タール・ブレーキダストなどが強力に固着するため、 汚れを取り除くのが困難です。このような汚れはコーティングをしていない場合、洗剤やピッチ・タール落としを使用しないとキレイになりません。

しかし、コーティングをする事により、水をかけて柔らかいスポンジで軽く擦るだけで、あっという間に元の輝きが戻ります。当然、撥水効果も落ちていません。手で触った感じもツルツルのままで、 ブレーキローターからの鉄粉や、ピッチ・タールなどからも保護します。

春光ボデー
〒090-0801
北海道北見市春光町2丁目139
TEL:0157-24-3491